世界のレシピ [イタリア編] ご飯がすすむ!バターレモン味のチキン・フランテーゼ

イタリアレストランに行くと、我が家でよくいただくのは、チキン・フランテーゼ、

作り方は、レストランによって様々で、パン粉をつけて揚げたチキンを使ったり、または小麦粉と卵を使って焼いたピカタにしたチキンなど様々、ソースの味も店によって少しずつ違っています。

 

どこの店もとっても美味しい!しかし、残念なのが、こんなに美味しいのに、イタリアレストランでは、ご飯と一緒に食べれないこと。絶対に、ご飯に合うのは間違いない!

せっかくなので、家でいただくときは、ご飯に合う、簡単チキン・フランテーゼを作っています。我が家では、ご飯をお代わりしてしまうくらい大好評の、

バターレモン味の簡単チキン・フランセーズです。

 

 

<材料>  4人分

チキン胸肉——500g

ガーリック——4片

レモン———–1個

バター———–2スプーン

しょうゆ———2スプーン

小麦粉————適量

水——————-150cc(またはチキンブロス)

塩胡椒————-少々

ケッパー———-10粒程度(お好みでなくてもOK)

最後の彩りに、あれば生パセリも合います。

 

作り方

① チキンの胸肉をお好みの大きさにスライスしていきます。10センチ角の大きさで、5ミリの厚さ、または、胸肉の大きさで、横半分に5ミリ程度にスライスしても構いません。カットしたら、軽く塩胡椒をし、小麦粉をはたきます。

② フライパンにオリーブオイルを熱し、ガーリックを炒めていきます。ガーリックのカットの仕方はお好みで、みじん切りや、スライス、丸ごと潰したり、好きな大きさで構いません。我が家は、丸ごとを半分のカットしたものを入れいています。ガーリックがきつね色になったら一旦フライパンから取り出し、油だけ残しておきます。そこに、チキンを入れ、中火で焼いていきます。こんがり色がついたらひっくりかえし、両面焼きます。

③ チキンの入ったフライパンに、バターを入れ溶かし、輪切りにスライスしたレモンを半分、あとはレモン汁にし、②で炒めたガーリクも、フライパンに入れていきます。水(またはチキンブロス)を入れ、ソースを作ります。ケッパーも入れ、1−2分煮込み、最後に、醤油で味を整えれば、出来上がり。

※水ではなく、チキンブロス、また、ケッパーも使った場合は、醤油は控えめに調整します。

 

我が家では、ソースを多めに作って、ご飯に絡むくらいかけていただいています。上記のレシピより2倍くらい、ガーリックやレモンを多く使っていますが、お好みで調整してくだい。

 

この応用で、チキンを、海老に変えて作っても、とっても美味しくて、これも我が家のテッパンメニューです。同じレモンバター味でも、海老にすると全く違う料理になるので、2夜連続でも、問題なし!

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です