産後の赤ちゃん、男の子は割礼する?

世界では、宗教によって、男の子が生まれた際に、「割礼」を行うことがあります。

アメリカでも、宗教に関わらずとも6割ほど赤ちゃんが、生まれた時に、この割礼を病院で行っているそうです。しかし、日本では、まだ行う病院が少ないようですが、都内には幾つかあるようです。

日本で割礼を行う病院

 

割礼(かつれい)とは、男子の性器の包皮の一部を切除する風習

我が家の場合はアメリカですが、割礼した時のことをご参考になればと思い、シェアしたいと思います。

 

割礼した方が良いの?それとも


90年代頃には、包皮の切除をした方が、

  • 感染しにくい
  • 炎症しにくい
  • 男性器を清潔に保ちやすくなる

など言われていましたが、

 

90年代に入ると

  • その成果は定かでない
  • 本人の意思を尊重するべき

と反対する声もあり、理由としては、

  • 自分で決定したい
  • 体にメスは入れたくない

などです。

そんな批判も受け、アメリカでは割礼をする割合がわずかに減少。それでも現在でも6割ほどは、割礼を行っているようです。

アメリカ在住の、男の子のいる日本人の知り合いに尋ねたところ、出産した次の日に、病院で勧められ割礼をしたそうです。その病院では、入院中なら料金200ドルほどですが、もし、一旦退院してから手術をすれば、600ドルになるということで、入院中2日目に手術したそうです。

筆者も、出産した次の日に、看護士さんより、Circumcision(割礼)をしますか?と尋ねられました。

アメリカでは、出産の後の流れとして割礼は普通に行われているようです。

 

しかし、我が家の場合は、主人がユダヤ系の血筋でしたので、病院では行わず、

ブリス(Bris)という割礼の儀式をすることになっていました。

 

ブリスとは、ユダヤ教で、男子が生まれてから8日目に、ブリス(Bris)という割礼を行う風習です。

 

義母からは、「やってもやらなくてもどちらでも良いわよ」と、言われていましたが、主人の兄弟や親戚は、男の子は全員、このブリスをしています。

不安だったのは、ブリスは、自宅や会場など、病院ではない場所で、割礼の手術を行い、術後のケアも、自宅で自身でやらなければならない事でした。また本人の痛みの事も心配でした。

主人の時はどうだったのか本人に尋ねると、赤ん坊の時なので、もちろん記憶もなく、どのように執り行うものか、ブリスの知識も持っていませんでした。

痛みの覚えていないうちにやった方が良いのかな、それにユダヤの血を引いているのだし、ということで、行うことをほぼ決定していました。

 

 

 ブリスの流れ


ブリスでは、モヘール(Mohel)という人が、割礼の手術と儀式を行います。

まずはじめは、モヘール選びです。

主人のや兄弟の時のモヘールは、もう40年以上前なので無理。主人の幼馴染でもある女医の友人に尋ねました。彼女も3人の息子がいるので、執り行ったモヘールへ問い合わせることに。

 

ブリスまでの手順


出産した日に、モヘールに出産日を連絡する。

モヘールが、ユダヤ教の暦でいう8日目を指定してくれます。

用意するものは、ガーセ、軟膏、テーブル、大きなクッション、ぶどう酒またはぶどうジュース、銀のワイングラス

手術当日、自宅にモへールが来て、儀式を行います。

モヘール指導のもと、家族がベビーを手術する部屋へ運びます。

クッションの上にベビーを乗せ、モヘールが、麻酔のようなものを局部に塗り、次にクリップで余分な皮を挟んだと思ったらすぐさま切除。

実に手際も良く手術自体は、数分で終わり、儀式を入れても、所要時間20分ほどでした。

手術の後、ユダヤの名前を読み上げました。

 

我が息子は、切除の際に一瞬泣きましたが、その後すぐに、ぶどう酒(又はぶどうジュース)を含ませたガーゼを口にくわえさせると、ピタッと泣きやみました。

ブリスに立ち会ったのは、親戚や義両親の知り合いなど20人ほど。

このブリスの後は、軽食やドリンクも用意してブリスパーティーになります。

ブリスは、日程が出産した日にならないとわからないので(出産から8日目と決められている)、我が家の場合は平日の昼間、ゲストの人は仕事の合間に来てくれました。

 

 

ブリスに招待されたらどうしたら良い?


知り合いにジューイッシュの方がいたら、出産後、ブリスを誘われることがあるかもしれません。前述したように、出産日にならないとブリスの日程が確定しないため、最初は出産予定日あたりを予定していますが、実際は、予定日より早かったりと、ずれることが多いです。

では、もし誘われたらどうしたらいいの?

 

一、時間厳守

モヘールが来る時間が決まっているので、遅刻しないのがベスト。儀式の時間も20分程度で終わってしまいます。ホストも儀式中は、対応不可能なことが多いので、招待された時間通りにいくのがベストです。

 

二、服装は?

特に決まりはなく自由です。普段の服装で大丈夫です。

主に自宅で行うことが多いですが、どこか会場を借りて行うこともあります。

 

三、何を持っていく?

ベビーシャワーの時と同じように、出産祝いのギフトを持っていくことが多いです。

お祝いの品は、おもちゃやベビー用品、ギフトカードだったり、キャッシュの人もいます。

すでに、出産祝いを渡して入れば、何も持って行かなくても大丈夫です。

 

四、お祝いのカード

アメリカは、何かとカードを持っていくのが主流です。バースデーや結婚式などお祝いにはカードを渡します。もし出産祝いを、もう済ませているならば、お祝いのカードだけでも持っていくといいですね。

 

 

 

術後のケアは?


我が家の場合は、医師の友人にアドバイスを受けて自分でケアしました。

当日 手術をした後は、軟膏のついたガーゼが二つ折りに局部を挟んでいるので、オムツを取り替える度に、そのガーゼを取り替えました。

次の日以降は、5センチ角のガーゼに、バセリンをたっぷり塗たものを、オムツ替えの度に、取り替えました。

※バセリンをかなり厚めに塗ると、幹部に張り付いたりするのを防げます。

※もし、幹部にガーゼが張り付いてしまっている時は、ガーゼにぬるま湯を含ませるてしばらくすると、はがれやすくなります。

 

2、3日目までは、患部の先が、青紫色に腫れていましたが、一週間ほどで、傷口も赤みがなくなり、ガーゼをするのをやめました。

上記は、我が家のケアでしたので、病院で割礼をした場合は、医師からの指導があると思います。

 

 

 

終えてみて


割礼をしてみた感想としては、心配していたほど、術後のケアは難しくなかったです。でもこればかりは季節や場所、体調も影響するかもしれません。我が家の場合は3月の寒い時期でした。

宗教などによって、行わなければならない人もいると思いますが、少しでも参考にしていただけたらと思います。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です