ABT ドンキホーテ / メトロポリタンオペラ

出典:Metropolitan Opera

 

<簡単なあらすじ>

プロローグ

舞台はスペイン。

書斎で騎士道物語を読んでいた老人男性は、自分が主人公のドン・キホーテと思い込みます。現実と虚構の世界がわからなくなったドン・キホーテは、頭の鈍い農夫サンチョ・パンサをお供に、ドルシネア姫を探しに旅に出ます。

 

第1幕

旅の途中、バルセロナの広場で、ドン・キホーテは、キトリという娘に出会います。姫は、床屋の息子バジルと恋人同士。

しかし、キトリの父ロレンツォは、金持ちのガマーシュと結婚させようと、ガマーシュと踊らせようとしたり、バジルとの仲を許そうとしません。

そこへ、ドン・キホーテが現れます。

ドン・キホーテは、キトリが、ドルシネア姫だと思い込んでしまいます。

闘牛士や街の踊り子の踊りで賑わう中、キトリとバジルは、ロレンツォやガマーシュの目を盗んで逃げ出します。

 

 

第2幕(第1場)

バルセロナの広場。駆け落ちしたキトリとバジルは、ジブシーにかくまわれ潜んでします。

そこにやってきたドン・キホーテは、ジプシーの人形劇のお芝居を、戦いだと勘違いしたドン・キホーテは、お芝居の舞台を突入し、風車小屋も敵だと思い突進、ドン・キホーテは気絶してしまします。

 

第2幕(第2場)

ドン・キホーテは、夢の中でドルシネア姫と出会います。しかし、すぐに目が覚め、現実の世界へ引き戻されます。

 

第2幕(第3場)

キトリとバジルは、居酒屋に隠れています。

すると、キトリの父ロレンツォが探しにやってきます。

どうしても結婚を認めないキトリの父に対し、バジルは狂言自殺をし、それを見たドン・キホーテは、キトリとバジルの結婚を認めるよう、ロレンツォに説得します。

バジルの芝居に騙されたロレンツォは、2人の結婚を許すと、それを聞いたバジルは飛び起きて、キトリと喜ぶのでした。

 

第3幕

キトリとバジルの結婚式が盛大に行われます。

華やかな踊りが、次々披露されます。

ドン・キホーテも一緒に踊りますが、それが終わると、再びドルシネア姫を探しに旅に出るのでした。

 

<この日のキャスト>
ドン・キホーテ Clinton Luckett
キトリ Christine Shevch
バジル  James Whiteside
キトリの父 Roman Zhurbin
サンチョ・パンサ Sean Stewart
ガマーシュ  Alexandre Hammoudi

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA