ニューヨークの恋愛事情   男女どちらに都合が良い?まどろこしいデーティングシステムの存在

新しい異性と知り合いデートが始まり、うまく行き始めたら、いつからが彼氏彼女と言えるのか、悩みますよね。

日本でも「私たち付き合ってるよね」と確認し、「付き合ってるよ」と返事なら、彼氏彼女として成立すると思います。

しかし、アメリカでは、最初のデートから、そして付き合ってる段階も、この期間をデーティング期間と呼んでいて、この期間は、彼氏彼女でもなく、お互いのことをよく知る期間であって、他の多数の人とデートしていてもOKなのです。

 

第1ステップ デーティング期間

デーティング期間とは、お互いのことをよく知るためのお試し期間のようなもの。食事に行ったり、キスをしたり、体の相性も見たりします。でも、彼氏彼女ではありません。日本では体の関係が始まったら彼女だよねって思っていいよね、やるだけなんて行為は、ちょっと許されないし、ましてや他の人ともデートしていたら、それは「浮気してる」と扱われると思います。しかしアメリカは、デーティング中、他の人と関係を持っても浮気にもならないし、責めることもできないのです。

よく見極めたいと思っている人には、良いシステムですが、お試しでエッチもありなんて、ちょっと抵抗を感じてしまいますよね。

 

では、このデーティングはどれくらいの期間?

デート中にうまくいかなくなっらた終了。この人となら上手くやっていけそうと思ったら、彼氏彼女=ボーイフレンドガールフレンドに昇格します。この昇格するまでの期間は人によって様々ですが、短くて2ヶ月くらいの人もいますが、半年から1年が多いように思います。それ以上期間が過ぎそうなったら、もう一年以上の仲だしお互いの事を1度話し合う段階になるでしょう。彼女になりたい女性にとっては、彼女になるまでを待たされる嫌な時間ですよね。日本より離婚も多いアメリカでは、その前の段階で恋愛も少し慎重なのかもしれません。

 

では、彼氏彼女はどんなステージなの?

第2ステップ ボーイフレンドガールフレンド

ボーイフレンドガールフレンドになると、他の人ともうデートもできません。アメリカでは女性も意見をはっきり言うので、この段階でもし浮気なんかしたら非難轟々です。それくらい、この第2ステップはかなり上の段階で、将来のことも考えながら付き合っていたり、まだ若くて結婚までは考えていなくても、両親に紹介したり、かなり公の関係になります。それでも、ここから結婚まで何年もかかることもあります。

 

どこで出会うの?

アメリカには合コンなんてない。

日本では、学生の時から大学対抗の合コンが盛んだったり、就職してもアフター5には、合コンをセッティングしたり、花金はもちろん、私も20代の頃は1日2件も合コンに誘われる日があるくらい、誰でも一度は参加したことがあるのではないでしょうか。アメリカにはこのような合コンに誘われることがありません。友人がたまに誰かを紹介してくれることはあるかもしれせんが、日本のような3対3や5対5など独特の合コン文化はありません。

 

では、どうやって、出会うの?

そんな合コンのセッティングのないアメリカでは、出会う場所が限られてきます。

  • 出会い系サイト
  • バー でナンパする
  • 日常の中で知り合う

 

出会い系サイト

アメリカでは、出会い系サイトを利用している人が多いです。ティンダーやマッチドットコムなど数多くの出会い系サイトに抵抗なく利用しています。仲介に紹介した友人がいない出会い系サイトは、あと腐れなく終わる時もあっさりです。友人がアドバイスをくれましたが、出会い系サイトで初めて実際に会っても、サイトの写真と実際会った時のギャップや、話し方が想像と違っていたり、また初回会って気に入らなかったら、またネットで簡単に次に人にアプローチできるので、初回の1回目で終わってしまうのがほとんど。彼女の実績でみると15人と会って、やっと1人とうまく続くだろうとこぼしていました。すなわち数をこなさないと気に入った人に出会わない。合コンもないアメリカでは出会い系サイトが主流とも言えるし、その時間効率を考えると、デーティングシステムのように複数同時進行をしないとダメなんですね。

 

バーでナンパする

合コンもないので、出会い系以外は、バーで声をかけるしかありません。女性が一人でバーにいたら間違いなく誰かに声をかけられるでしょう。日本では、ナンパなんて、誰にでも声かける遊び人のイメージがありますが、アメリカでは誰でも気軽に声をかけるし、逆に出会いたいのなら、女同士でバーに行くべきでしょう。必ず声をかけられます。ニューヨークでは、立ち飲みバーが多く、人気のバーでは、男同士、女同士のグループで混み合っています。

 

これまで合コンには、何十回かいったか数え切れないほど行きましたが、出会い系サイトも数をこなさないと、気に入った人には出会わないものなんですね。そういった意味で、デーティング期間は、待たされる期間のように感じますが、同時進行も可能な効率良いシステムかもしれません。

日本でも、出会い系サイトも昔よりは抵抗感がなくなってきていると思います。この気軽にデートができるようになって、デーティングシステムが導入されるかもしれません。



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です