アラフィフいよいよNYU で出産

今年2月28日に、元気な男の子を出産しました。

(↓これから先は、出産までの経緯も書いてありますので、私も出産前は不安でいろんな方のブログを拝読しましたので、これから出産をされる方へ参考になればと思います。)

予定よりも10日早い早朝5時に、下腹部をポンとベビぞうに蹴られた痛さで目が覚め、いきなり水が流れてきました。破水か尿漏れか悩むところですが、自分でコントロールできない水でしたので、破水に違いないと判断。

すぐ病院に電話すると受付が、ドクターから折り返し連絡しますとの事。そんな待っている間にも水が止まらないし、ドクターの返事を待たずに事前に用意していた入院バックを持ってタクシーでNYUへ直行。タクシーに乗る直前にドクターから病院に今からきてと返事。私もまだこの時点は余裕でした。

しかし、到着して1時間後には10分間隔の陣痛が始まり、その2時間後には5分間隔、、、。

アメリカでは、ほとんどの人が麻酔を希望します。私も陣痛が始まると先生から「麻酔打つ?」と聞かれ、、、、もうちょっと我慢しますっと応えたものの、次第に息もできないほどの激痛へ、それも気を失いそうなほどの痛みに、もう我慢の限界、、、

耐えかねて先生に、「麻酔をすぐにお願いします」と打診したものの、先生から、あっさり「NO!」 まだ赤ちゃんが全然降りてこないから、もうちょっと我慢してと。

先生から打つ?聞かれた時、Yesって言っとけばよかったと後悔しながらも、まだまだベビぞうは出てくる様子もなく、、、

それから2時間、がまん我慢、、、

2時間後、やっと麻酔許可が出て、麻酔担当の人がやってきました。書類にサインしたり道具を用意したり30分ほど待たされました。陣痛より麻酔の方が痛かったというブログを多く見ましたが、背中から打つ脊髄麻酔は全く痛みもなく、陣痛も薬のおかげでかなり楽になりました。

しかし、血圧が上がり、フルリスク患者扱いに。
(もともとハイリスク患者でしたが、さらにフルリスク患者に、、)。

すると先生からは、まだ、きっと24時間は生まれないわねーー、との事。

そして陣痛から26時間後の朝、無事出産。

 

 

さて、私が出産したNYUは、マンハッタンのミッドタウンイースト側にいくつも病棟が立っており、この一角が全てNYUの施設です。

アメリカではほとんど、入院する部屋と分娩室は一緒の部屋です。

その部屋には、ソファーにテレビ、ベビーの診察台、シャワーとトイレ、すべて揃っているスイートルームのような広めの部屋。そこに家族や訪ねてきた友人も通されるので、出産前ならみんな同席できるのです。

やはり皆に眺められて分娩するのは絶対したくなかったので、主人だけに来てもらいました。

病棟も新しく綺麗で、サービスもホテル並みでびっくりです。

初日はあまりにも痛い陣痛で食べれなかったものの、

次の日から病院の食事を頂くと、なんととっても美味しいではないですか!

しかも毎朝、昼夜朝のメニューのオーダーを聞きに来るんです。

種類も豊富、サラダ5種類、スープ3種類、

メインディッシュ、サイドデッシュ、

デザート、フルーツの有無、などオーダーをしに来てくれる、

まるでホテルのルームサービス並みか、それ以上のサービスです。

そして、朝はドアに下から、パスっとNew york Timesが投げ込まれました。

あれ?私、今ホテルにいるんだっけ?

そして、部屋にはアメニティや、お土産の帽子やドリンクホルダーの数々、

病院の地下にはレストランもあり、アメリカンフードやエッサベーグル、ラーメンからお寿司まであり、メニューも充実

そして部屋の窓からは、イーストリバーが見え景色も素敵です。

 

NYUのニット帽

もう延泊したいくらいですが、保険でのカバーは、出産後からは2泊まで。私は出産前に1泊したので計3泊まで。アメリカの医療は高すぎて、一泊20万を自腹で延泊なんてできません。

アメリカでは、病院で出生届を出してくれるため、退院までに子供の名前が必要です。我が家は急な破水で、まだ名前を決めていませんでしたので、毎日名前家族で名前会議、退院日の帰る寸前まで悩みました。名前の他にミドルネームもつけたい場合は、一緒に提出です。
他のママさんから化粧道具の眉毛だけでも、持って行った方がよいというアドバイス。理由はベビー誕生に、人が来ては写真撮影。また、病院によっては、プロのカメラマンが出入りをしていて、その場で写真を撮る営業をしているのでとの事。私も眉毛ペンシルのみ使いました。確かに最低でも眉毛だけも書くと違います。できればアイラインも。若いママさんは必要ないかもしれませんが、アラフォーのママさんからのアドバイス。
そこで入院中必要もの、いらなかったものをまとめました。
<使ったもの、必要なもの>
1 名前リスト(退院までに考えておく)
2 携帯充電器
3 洗顔道具と歯ブラシセット
4 大きめゆるゆるのパンツ
5 体拭き用にウェットティッシュ
6 小腹が空いた時ように好きな食べ物
7 前開きのパジャマ、または授乳用パジャマ
8 化粧道具(最低、眉毛だけでも)
9 スリッパ
10 夜用のナプキン
11 退院時用のベビー服とおくるみ
12 ベビーカーシート
<持って行って必要なかったもの>
1 オムツ(病院で全部用意されました)
2 ベビーの普段の着替え用
3 胸パット(まだ3日目はミルクも出ませんでした、実際必要
      になったのは2週間後)
4 シャンプーとリンス(病院に用意してありました、それと
           シャワーも浴びませんでした)
5 母子手帖(日本なら先生が記入するので持って行った方が
      無難です)
 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です